2014-06-15_PMG_BattleCity

PMG Report

2日連チャンでサバゲやると、

どちらも本気を出せず、もったりとした感じになるので
気を付けろ!

人生初の2日連続サバゲの1日目。
24時間耐久ゲームは出た事あるけど、場所もメンツも全く異なる2連続は初めてだ。

1日目、バトルシティのピースメーカー主催ゲーム。
最近よく混ぜて貰っているので、だんだん馴染んだ感が出てきた俺です。

20140615-01
 
 
 
この日のKFCメンバーは、
二日間俺と行動を共にするODAさん。
そして、最近周囲に暴風雨をまき散らしているオスゴリー氏。
安定のミスターはまさかの熱中症でダウンしたのが治らず欠席。
 
 
20140615-02
オスゴリー氏、この画像のように顔面真っ二つの刑でしたね。
あの日あれだけ人生の荒波について教えてあげたのに、
「隊長のブログマジ面白いっス」とか言って、自分のブログさぼってるから
人生のビッグウェーブで沈没しかけるんですよ。
超ウケる(RAID風 

そんな感じです。
 
 

 
さて、朝からデルタってのは、こんな風にペリカンにステッカーを貼る、の実演を披露頂いたので、
しっかり写真に収めて見ました。
 
20140615-03
20140615-04
この貼り方はパッと思いつかないな。勉強になりました。
俺のペリカンにもペリカンからはみ出すくらいにステッカー貼ろうと思います。
 
 
 
もはや、恰好良いとか悪いとかのステージ外から登場したゴリさんの
謎バウンティハンター風な出で立ちや、ODAさんの腹部の弛み具合が俺のソレとは表情が違う事とか
色々気になりながら準備は進みます。
 
20140615-05
 
最近俺も、細かい事はわからないけど、
銃の本気具合が一見してわかるようになって来た気がします。
 
20140615-06
どうでもいいけど、ゴリさんの二の腕、ふくらはぎより太いね。パネェ。
 
 
 
 
馴染んで来た感を利用して、最大限にセーフティをウロウロします。
ここではなんだかハードコアな感じの一団を相手にフカさんが何か話しておりますが
 
20140615-07
前日FaceBookに書いてあった「木人拳」の話ですね。

当時、フカ少年の心を、ジャッキー・チェンがいかに鷲掴みにしていたか、
という事を激熱に語っている訳です。
20140615-08

各人の表情に微妙な差があるのは、ジェネレーションギャップでしょうか。
 
 
20140615-09
 
このフカさんの手の開き具合、そして力の入り具合なんか、半端ない感じな訳です。
男がこの手をするときは、だいたい「巨乳、それもメガトン級の乳」を
今、まさに揉むぞ!という時くらいしかしません。
例外として俺は、メガトン級のケツの時にこの手になりますけど。

そんな男の一大事な手を、ジャッキーの話で繰り出す熱の入りよう。
 
 
もはや、この段階になって

「も、木人拳ってなんですか?」
 
なんて俺の口から言い出せません。
 

 
ジワッと知ってる感を出してやり過ごすしかありません。
 

ドーン!

 
20140615-10
話が最も盛り上がっている瞬間に、痛恨のミスショットをしたあたりが、
俺の内心の動揺を如実に表現していますね。
この距離でフレーム外すことないのに。
 
 
動揺しつつも、どうにか木人拳を知らない事を気付かれずに、この場を無難に乗り切る事に成功しました。
 
 
 
 
 
次の輪に移動すると、KFCのスーパーストーカーが、素晴らしく気配を消してスニーキング中でした。
 
20140615-11
 
そう。ODAさんですね。
気配を消して集団に交じって、いろんな人のいろんな部分を視姦しています。
 
20140615-12
 
しかし、スーパーストーカーを上回る強者がその後ろに!
 
20140615-13
スペシャルエージェントKです。
あろうことか、スーパーストーカーに気付かれずに、ストーキングの様子をあんな大きなカメラで撮影しています。
 
 
20140615-14
あれ?エージェントKのカメラの向きがおかしいです。

20140615-15
なにか大切な物的証拠を撮影しているんだと思います。
前に女子高生が立っている訳ではないと思います。
 
 
出ました。

自らの銃への愛がパネェ男。
 
20140615-16
JADE氏です。 

20140615-17
 
この一枚で俺の言いたい事が全部伝わると思う。

銃への愛の溢れ具合が、一周回って、軽く尊敬するレベルだと俺は思ってるw

 
 
ゲーム中の画像でも貼って、場を和ませておきます。
僕はODAさんのバディなので、銃を持っていなくても、
ODAさんの気持ちがわかります。

20140615-18

「デルタ絡みな写真を撮って欲しい!」
そうODAさんから伝わってキマシタ!
 
20140615-19
20140615-20
20140615-21
20140615-22
20140615-23
20140615-24
20140615-25
20140615-26
20140615-27
20140615-28
20140615-29
20140615-30

そうそう。ゲームはどうだったか、って話なんだけどね。
基本この日も俺はグダグダでしたね。

【次のバリを出たらオマエは死ぬ(激渋く決まった】
たぶん2戦目。
右側からスタートして、大きなバスの手前くらいで交戦していた俺。
池付近に居た味方が、たちまちにバタバタとやられたので、
あの一角に敵が入り込んだと認識。
タイミングを同じくして、あやしい帽子がこちら向きに進んできて、
2つくらい向こう側のバリケードで発砲。
誰かのヒットコールが聞こえた。

「間違いない。アレが敵だな。」

あやしい帽子は獲物を探して左右に頭を動かし、一つ前のバリに進んで来た。

「しかし、そのバリから前には進めないのだ!なぜならオマエは死ぬから!」

びったりとマークした位置に、気持ちいいくらいにスススとあやしい帽子の男が移動して来たので、

ビス!ビス!

「うわぁヒット!」

フハハ!え?ODAさん!

ODAさんだった。
フレンドリーファイア。

そう、今日もこんなグダグダな感じかな、と思ったんだけど。

【今日一番の輝きを3戦目に持ってきてみた】

教会スタートの3戦目。
この日は梅雨だってのに、ジリジリ焼けるような日差し。

「涼しい森から行きましょう」という人生が涼しくないオスゴリー氏に続き、
森⇒池回りコースの二人旅。

のんびり2マンセルで進んでいくと、池の真ん中辺りまで到着。
横を見ると、池の対岸でこぞって教会方向を撃つ敵チーム。

このまま池回りをする⇒閣下の待ち伏せで死亡 
このパターンが一番嫌だったが、オスゴリー氏と協議の結果「閣下はそこに居ない」と判断し、
目の前の獲物には手を出さず、池回りを強行する事に。

案外バサバサと音を出しながらも池回りコースを最後まで誰からも撃たれずに進んだ俺とオスゴリー氏。

目の前に広がるのは、我々に背中を向けてしゃがんでいる無数の敵チームである。

「発砲禁止解除。ガンガン行こうぜ!」このハンドサインをオスゴリー氏に送り、二人は別れ、

僭越ながら、私、見える範囲の背中に、近い順から4発ずつ、
良い感じに、
それはもう、完全に勃起するくらいの興奮度で
綺麗に頂きました。

途中、優雅にマガジンチェンジなどを嗜み

俺の攻撃を避けて、横に移動した人は、その先に潜んだオスゴリー氏の餌食となってみたり。

今日一番、というより、今年度一番を6月で出してしまった感があり、
最終的に撃たれましたけど、もはやオーガズムなのである。

いや、このオーガズムの使い方正しいかな、と自信がなくなったので、
またもアレコレと調べてみた。

昨今Wikipediaの曖昧さ、嘘っぱちさが問題となってはいるものの、
そこはどうでもいいので、あえてその情報主体で書いてみる。

衝撃的だった情報としては、いわゆる挿入によってオーガズムに達する女性が全体のおよそ35%に過ぎない、
という調査があるという事。
誰がどの女性を対象にそんな調査をしたのか、がすごく気になるんだが、
俺のアレで彼女がアレしないのは、彼女が残る65%に分類されるタイプの人だから、と
安心しても良い、という情報なのかも知れない。

いや、やはり調査の内容が気になって仕方ない。

貴女はオーガズムに達しますか?はい・いいえ
貴女は挿入でオーガズムに達しますか?はい・いいえ
貴女はどの男性に挿入された場合でもオーガズムに達しますか?はい・いいえ

こんな感じの質問なのだろうか?
なかなか街角で聞かれたら、ほとんど答えないんじゃないかと思う内容だ。
それか、そっち系の耐性がある水商売系の女子にしか聞けないんじゃないだろうか?

ちなみに、オーガズムは、総称であり、実際には部位+オーガズム、と表記するのが正しいようだ。
つまり、乳首オーガズム、肛門オーガズム、などと言ったように、
達してしまった際に責められていた部位、というセットのようだ。
うっかり最後の一手が指毛抜き、だったりすると、
「指毛抜きオーガズム」と表されるのだろう。

もう一方は状態+オーガズム、という使い方もある。

え?状態?と思うだろうが、ドライオーガズムと呼ばれるもの。
これは数年前に調べて知ってたぞ俺!

要するに男汁を伴わないオーガズム。

残念ながら、僕にはまだその境地は見えないのですが、
wikiによると、この領域が、男のオーガズムの極地、のように思えるので
ぜひ目指して頂きたいと思う次第であります。

さて、クソ脱線したのですが、
要するに何を言いたかったか、というと
先ほどのオーガズムを正確に述べるのであれば、

「被弾オーガズム」という事になるのでしょう。
これが正しい記載です。

ま、要するに、「超きもちいい」ですね。
この日、二度と僕が活躍する事はありませんでしたけど。

 
 
 
 

 
え~

何書いてたのかわからなくなりましたね。

ゲーム中の画像に戻ります。
 
 

20140615-35
この写真、ゴリさんの野生感が半端なく、驚きましたね。
ガチ野生です。
 
 
20140615-36
ああ、そうだ、シャッガン欲しい度が上がりましたね、この日。
買おう、シャッガン。
 
 
20140615-37
違う方向に安定感のマルさん。
20140615-38
弟は検尿用の紙コップでお茶を飲み、
兄はこの感じの仕上がりのニンニンさんです。
 
 
 

20140615-39
いやでも、暑かったけど超楽しい一日だったな~
 
 
あっ。
 
20140615-40
閣下も居ました。
後半同じチームになったので、一緒に行動して見まして。

ちょうど閣下の位置からは死角で見えないのだけれども、
無防備な姿を晒している敵チームが居たので、

「閣下!もう二歩前に出て、まっすぐ前を撃ってください!」
とお願いすると、

正確にその動作を実行して頂き、見事発射した弾は僕の意図した相手に命中しました。

「きゃああああああああ」

意表を突いた角度からの攻撃に、絶妙な悲鳴を上げてヒットされた女子。

対象が男か女かも見えていなかった閣下は

「お、女の子じゃないですか!!」

と、不本意で、不満げなご様子でしたが、
実は撃つ瞬間くらいは見えてなんじゃないかなと、
後から思う俺です。

 
 
20140615-41
 
 
まぁ、そんな感じで、やっぱりバトルシティの貸切って超面白いな、と思った俺です。
フカさん、ピースの皆さん、ありがとうございました。
 
20140615-42

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.