2014-10-12_KijimaFes_BEAM

KFC Report SVG

あれから三年。3年って結構な時間ですね。

キジマの永遠のヒットコールから三年。
彼を偲ぶ面々が、彼と最後に行ったゲームに集うのが、
我々の習慣となった訳ですが。

まず、10月第一週、いろいろ都合が悪くて延期。
まず、デザートユニオンが思い出の地なのに、今日いるのはBEAM。
まぁ、どんどんとこういったイベントと言うのは形骸化するものです。

気持ちの問題ですからね。そういう事にしておきます。

さて、ファックな我々は、そういった「思い出」を等閑(なおざり)にしながら、
BEAMに登場した訳です。
僕はBEAM2回目ですね。
ああ、前に来た時も、さほど良い思い出じゃなかったっけな。

今日の参加はミスターとナギヲなので、
なんとなくのんびり登場したら、
用意されていた席を見た瞬間に、急にケツの穴がキュッとしました。
20141012-02
ああ・・・そうか・・・

偶然らしいですけど、神御一行とどういう訳かご同席。

世の中じゃ、史上最強の台風上陸かって話なのにね。
それ以前に心はハリケーンですよ。

大量の焼き鳥を御馳走して頂いたり、ノンアルコールビールを御馳走して頂いたりして、
恐縮至極の俺で御座いました。

ところで、ノンアルコールビールって、ビールの味なんですよね?
俺は酒が飲めない上に、ビールが一番苦手なので、よくわからないんですけど、
時々路上で、飲酒検問に引っかかった時に、「ハァー」ってしてください、って言われるじゃないですか。
警官が俺のハァーを確認してるのかどうか知らないけど、
アレでノンアルコールビールの臭いがしたら、さらに精密な検査されるんですかね?
まぁ、飲まないので別にいいんですけど。
20141012-03

そういえば、昔、ウチの社員がね。
お客さんからクレームを頂戴したんですよ。
「彼はいつも酒臭くて、業務中酒を飲んでいるのではないか?」と。
で、本人に事の次第を確認したんですよ。
「キミは酒を飲んで仕事をしているのかい?」って。

そしたら、その彼、と言ってもオッサンなんですけど、が、
なんだかバツが悪そうに答えたんです。

「ワタシは歯槽膿漏で口が臭いので、ブレスケアを大量に飲んでいるのです」

ブレスケアを大量に摂取すると、その成分と歯槽膿漏の臭いが混ざって、酒臭くなるようです。
事実彼は酒が飲めない人でしたので。

なんだか、クレームを付けた客も、こちら側も、ものすごく落としどころの見つからない話だったと記憶してます。

まぁ、どうでもいい話でしたね。

えっと・・・・
当日のBEAMは、初級~中級の方々がお集まり、な感じでした。
なんて言うんでしょう。

やっぱり定例会って馴染めないよなぁ、と思うのが正直なところで、
不特定多数が集まっているのに、妙にテンション高く周囲を巻き込むタイプの人とか、
とにかく相手チームに敵意剥き出しな感じの人とか、色々いましたね。

ああ、一番驚いたのは、初心者のカップルだと思うんですけど、
彼は一応フルサイズの電動ガンを持っていたんですが、彼女が持っていたのは電池で動くタイプの中華っぽい小さいウージー。
ん~~一応、フルサイズの電動ガンレベルの飛距離があるモノを持たせてあげようぜ・・・

ああ、二番目に驚いたのは、若い参加者で、やたら元気が良かったんだけど、
フルオートで発射した弾がね、20mくらい先から急上昇するのさ。
鬼ホップなんですけどね。
彼は一生懸命撃ち捲くるんですよ。
前で味方がいっぱい死んでそうで怖かったですね。

定例会ってのは、いろんな人が居るものですね。

そういえば、神のおひとりが、僕に興味深い事を教えてくれました。

「大塚フロッピー」

ま~検索すればわかりますが、ドゲスなシロモノですよ。
20141012-04

お尻が好きな人は、突き詰めると、やがてこの領域に行きます。と。

僕は、無類の尻好き、尻マニアを自負しておりますが、
こっち系統の可能性を全く自分の中に発見出来ておらず、
むしろ敬遠する系統なのでございますが、
百聞は一見にしかずと申しますので、
近いうち、購入してみようかと思っております。

まぁ、僕、健康診断の検便で、自分のアレに、検査用のアレをアレして、アレの一部をほじくってアレに付着させて、
ソレを容器にしまう、という一連の作業で、自分のアレの上にリバースしそうになるくらいのアレなので、
基本的に向いてないんじゃないかな、と思うんですよね。
アレの話をするのは好きなんですけど、アレが漏れそうになった、とか、すごく大量のアレが出た、とかはね。

しかしね。人生何事もアレだと思うんで、頑張ってみます。

ああ、ものすごく、急角度で脱線を続けますが、
巷では「俺、コイツとはヤレないな」という議論ってあるじゃないですか?
ストライクゾーンがものすごく狭い人は、年齢や容姿ですぐにそのセリフを吐く訳ですよ。

かく言う僕自身は、ものすごくストライクゾーンが広い上に、
デブとブスに寛容な心を持ち、
超人張りの想像力と創造力を有するので、
「基本なんでもイケる」と思ってるのでございます。

いや、確かに、生理的に無理な事はあると思いますよ。
ASS HOLEにガッツリう○こ付いてるとか、オイニー系はなかなか厳しいものがありますが、
でもね。
いざ・・・
いや、どういう訳か、そういうシチュエーションに持ち込む・・・いや、持ち込まれたと仮定して、
コトが始まってしまえば、ヤレるものじゃないのかなと思う訳ですよ。
だって、美人でもブスでもついてるものは同じですしね。
美人でも無反応のマグロだとしたら、過剰に反応するブスの方が僕は断然マシな気がしているんですよ。
最悪、自分で自分に目隠しとかしてしまったら、
何食ってるかわかんなくなると思うから、なんでも喰えるんじゃないかと思いますよ。

まぁ、喰う気を持つか、持たないか、
そういう次元の話ではなくて、ね。

なんの話でしたっけね。

ああ、そう、サバイバルゲームね。

この日のゲームは終始、「ザ・サバイバルゲーム」な感じでしたね。
久しぶりにあんな大量のフルオートの音を聞きました。
弾が勿体ない気がしますが、気にならないんですかね。

ああ、まぁ、僕がデブの巨大なケツを見て、テンション上がるのと、あまり大差ないですかね。
本人が良ければ、それで良いんだと思いますね。

そう。僕はね。ケツが大好きなんですよ。
最近、頭のネジがバカになったのか、オッサンのケツすら見ますからね。

「ああ、ちょっとダルダル気味のおケツですね」とか。

いや、性的な意味じゃなくてね。

いや、性的な意味なのかな?

まぁ、それはさておき、
そんなザ・サバイバルゲーム、な展開でしたので、
基本、前には出ず、後方からバカみたいに突撃してくる人とかを
パシパシ仕留めて終わる展開で終日過ごしました。

ああ、基本バカ笑いしてたりするので、仲間の誰かがヒットされて、
それを指さして笑ってると、俺が撃たれるパターンは多かったかな。

そして、急に終わりますけど、
キジマの思い出を辿る会なので、あの日最後に皆で行ったホワイトハウスで晩飯を食うのが決まりです。

ホワイトハウスの開店時間を間違って、無駄にフィールドで時間をつぶしてみたけど、既に開店してたり、
キジマとの思い出の食事の「メンチカツ」を喰うのが決まりなのに、
既にホワイトハウスのメニューからはメンチカツが消えてしまっていたり。

ホワイトハウスの電話が終始リンリンなりまくっているのに、
店員は誰も出ようとせず、むしろ「もういい加減諦めてくれないかなぁ」と嘆いていて、
一体誰が何の電話を掛けて来ているのか気になって仕方がない晩飯でした。

20141012-05

そして、渾身のチョイスと思ったチャーハンが、まさかのベチャベチャ仕上げでげんなり。

次からは、向かいの焼肉屋に行こう、と個人的には決めたので、
キジマとの思い出縛りの項目が、完全に消えてなくなった夜でありました。

次回出撃は11月4日。
Operation:Genocideでお会いしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.