2011-10-11_MelancholicKFC.vol.05

FunBlogs Sites

さて。まだ、僕らの歴史は続いています。

あ、俺です。

ポンプ小隊の歴史を振り返る中で欠かせないのが、
自主開催ゲームや、潜入ミッションですね。
自主開催もグソグソですが、潜入ミッションは軒並み出禁ですので、
そちらの方が悲惨度は高かったんでしょうかね。

2009年5月
フォレストユニオンで開催された自主開催ゲームです。
当時新婚だったピコハンが、爆弾解除ゲームで爆弾を解除に成功した瞬間です。
2009-05-04-23

割と彼は心の叫びが、口から出やすいタイプなのですが、
もうなんていうか、絶句する一幕でしたね。
今も幸せに暮らしているのでしょうか。
そういえば、チームでバーベキューをした時に、嫁も連れてきたのですが、
ほんの一瞬油断した時に、二人で仲良く喋っている最中に
普段の癖なのか、嫁の尻を撫でながらしゃべっているのを見てしまい、
僕が一人で気まずい思いをしたのを思い出しました。

現「終太郎」こと「とりあたま」さん。です。
2009-05-04-32
この当時はWAM4を愛していました。
冬でもガスでした。今はカスです。
この当時の鉄砲はまだセンスに溢れていた気がするのですが、
最近はもっぱらプラスチック愛に溢れた武器を使っています。
かといって、鉄製のアクセサリを銃につけた姿も、もう見たくないですね。
難しい女心のようです。

チームM&Fでも、当時から変わり者だったピロシ。
2009-05-07-04
俺がクソ真面目にゲームの説明をしているのに、
理由も無く聞きません。
2009-05-07-05

そっち側を見る理由もこの写真からは全く見てとれません。
知らないヤツだったら、帰らせるくらいの失礼加減ですw

2011年5月
RiseSecretCamp貸切。
ピロシが額縁に入っているのは一人だけ遅刻したから。
2011-05-08-003

一年経ってもコイツは何かヤラかします。

2011年8月
VISIONで開催されたウピウピ祭潜入ミッション。
2011-08-27-00
末席で楽しむ予定が、確保されていた席がど真ん中。

「俺をわくわくさせるような参加者はいないね」とつぶやいた瞬間に、
自販機でジュースを買っていた女子3人が一斉に振り返ったのが記憶に新しいです。

わくわくさせる気だったんでしょうか。
2011-08-27-18

この時期、セーフティのテーブルの上に、誰かが買ってきたエロ本を置くのが流行りました。
自分用のエロ本を買うのもチョイスが難しいのに、皆を楽しませるエロ本を買うのは、
さらに難易度が高かったのを思い出しますね。

どうでもいい話ですが、エロ本て、大人になった今見ると面白いですよね。

もっと面白いのは、俺より年上のオッサンが、深夜のコンビニでエロ本を、
表紙を下に向けてコンビニのレジに出している光景ですね。
ちなみに僕は表紙が上で、エロ本のみを買います。
レジが選べるなら女子が立っているレジにします。

2011-08-27-28

ウピウピ祭をオマージュしたイベントが企画されたのも、このタイミングでした。

そして、静かにKFCの母体となる・・・いや、KFCそのものなんですが、
今のような枠組みとは少し違うKFCが発足します。

2011年10月
なんかよくわからないメイド喫茶主催のゲームへの潜入ミッション。

直前で仲間の一人が永遠のヒットコールをして旅立つという絶望感の中、
あえて出撃した回です。
悲しみの反動なのか、異常にテンションの高い回でした。

とりあえず、余計な説明は不要な気がするので
画像で当時の思い出を振り返ってみてください。
2011-10-10-06
2011-10-10-07
2011-10-10-08
2011-10-10-09
2011-10-10-10
2011-10-10-11
2011-10-10-12
2011-10-10-13

2011年11月
第一回の輩祭開催。
2011-11-28
女人禁制を謳い文句に開催した男汁満載のイベント、のはずでしたが、
何の手違いか、半数以上が知らない人が大量に来る、しかも女が居る、という大惨事。

前日までに秋葉原の大人のデパートとドンキホーテをハシゴして、
買い集めた大量のエログッズの抽選会で盛り上がりました。

あ、いや、知らない人はあんまり盛り上がってなかったかも知れません。

そんな中、もっとも注目を集めたのが彼です。

ダッチメン。
2011-11-30-05

懐かしいですね、ダッチメン。
特にオランダ由来な訳ではなく、抽選会で彼が当てたものに名前は由来します。
彼が当てたのは、いわゆる南極二号的な、時代の流れに反したロークオリティなダッチワイフです。

その場で膨らませて欲しかったのですが、頑なに拒んだ彼が、後日談として
送ってきてくれたのが次の画像です。
2011-11-30-07

僕の趣向までを考慮した構図なのかも知れませんが、
かなりエキセントリックな絵面ですね。
まぁ、買った個体も「バックスタイル専用」というワイフだったので、
正しい構図かも知れませんけど。

生活感溢れる背景がやたら荒廃してて少々心配になったのですが、物置での撮影だそうです。
この他にも、下だけBDUを穿かせた写真とかも添付されていて、なかなかエロセンスが高い人物でしたね。

2012年1月
ほぼ恒例化している新年のゲーム。
2012-01-04
この年はRAIDでした。

2012-01-07-01

集合写真を見ると、KFCの基礎となる面々が揃っているような気がしますね。
全然目立たないですけど、右から2番目がノブさんです。
ケツ出してないと存在感が薄いですねw
2012-01-07-20
2012-01-07-21
2012-01-07-22

2012年4月
2012-04-01-005
SEALsの定例だったと思います。

ポンプ小隊単独での行動は減り、KFCでの動きが主流化した感じですね。
主力はポンプ小隊+DRSK+10-Sixで活動してました。
KFCというより、仲良し集団という感じですかね。
2012-04-01-009
2012-04-01-010
2012-04-01-011
2012-04-01-012
2012-04-01-019
2012-04-01-020
2012-04-01-021
2012-04-01-022
2012-04-01-025

2012年9月
2012-09-16-00
なんかよくわからない貸切に潜入。

この頃から、新しい勢力が台頭しはじめます。
RCCですね。
「リアルなちんこ早く頂戴」が正式名称だったと思います。
本当は「リスクコントロールなにがし」的な名前だった気がしますが、
残念ながら「リスク」を「コントロール」出来ていないので、
その名前は知らなかった事にしておきます。

SuperCoolMensを目撃したのもこの回ですね。
2012-09-16-07
あ、量産型SuperCoolMensはまだ量産開始されてなさそうですね。

わっさんのチンピラ感と言うか、太鼓持ち感が満載の年でした。
2012-09-16-11
2012-09-16-2-01
2012-09-16-2-02

何気に2015年はわっさんが開花する年じゃないかと予想しています。
2012-09-16-2-00

基本的に自由なところはRCCはDRSKとも似ています。
世代なんでしょうかね。
「ゆとり世代」ではなく、死語で言うなら「新人類」ですね。
2012-09-16-2-06
ゲーム中でもすぐこんな状態になります。

2012年11月
2012-11-17-0
輩祭 第二回。
前年の大失敗を踏まえ、基本的に少数精鋭、かつ、知らない人は排除しました。
特殊なゲームルール、ゲームシステムで少数精鋭で遊ぶ、というのが
この時期のトレンドだったと思います。
首狩りシステムとか、未だに現役だし。
2012-11-17-1

雨が降る中のゲームでしたが、なかなか盛り上がって楽しかったのですが、
終盤、サプライズ的なゲストが二人登場。
2012-11-17-2

正確には1体と1人か。

1年越しの再会、というか、彼女とは初対面ですね。
あ、箱の外側からは見たし、彼女を選んだのは俺ですけど。

ダッチメンとダッチマンが遊びに来てくれました。
2012-11-17-3
2012-11-17-4
2012-11-17-5
や~やっぱり、ロークオリティのワイフは見ると和むわ~
コイツとガチで愛し合う人はいるんでしょうかね・・・

むしろ、一戦交えたら、それ以降コイツとしかヤれなくなる気がしますね。

2次元から飛び出した3次元。2.5次元ですね。
久しぶりに見ても衝撃度が薄れませんね。

2013年1月
2013-01-03-05
新春のゲームは特区でした。
すっかり記憶から消去されていましたが、
良く見たら最前列の左から二人目に、三発屋さんがいますね。
覚えているような覚えていないようなw

ほぼほぼ現在のメンツ、じゃないですかね。
アンちゃんとかアラさんとかザムも写ってるし。

2013-01-03-15
この時期からこの光景も恒例ですね。

2013-01-03-17
こっちもね。

2013年5月
いろいろ振り返りながら確認していると、2013年より前と後ろで、
一つ大きな違いがありますね。

2013-05-22-14
それまでは、暗黙の聖域のような境界線があった、「筆者:俺」の
位置づけが、物凄い勢いで転落を始めます。

2013-05-22-11
ちなみに、終太郎氏は静止画で見ると顔面指数が高めのイケメソ気味ですが、
反比例して脳の仕上がりは低めです。

2013-05-22-16
2013-05-22-31
2013-05-22-38
RCCの転落もこの辺りから始まります。

2013-05-22-35
M&Fの大きな変化は、ノブさんが表面化した事かな。
後にKFCの歴史に今も残る珍事ばかりを作り出す男です。

2013-05-22-39
ジュリーやトッシーと会ったのもこの辺りですね。
2013-05-22-41
2013-05-22-53

そして
2013年7月。
2013-07-27-050

ポンプ小隊としての最後の貸切ゲームを開催し、
ポンプ小隊は静かに解散。

名を捨てて実を取る、という宣言通り、
今、あの当時を上回るクソ野郎と、クソ野郎の汚い笑顔が散らかる日々に
僕は満足しているので、解散して正解だったのだろうと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.