2015-04-21_Operation:GenocideII_UnionBase

Event KFC PrivateGame Report

全国250万人の読者の皆様、こんにちわ。

俺ですよ、俺。

さて、という事で、
4月の21日にUNION BASEに行ってきました。
20150421-00

非公式作戦「Operation:GenocideII」の実行です。

まだ記憶に鮮明なOperation:Genocideから約半年。
アレ以来ご無沙汰なシンゴ副隊長に、
ここ最近のゲーム予定を連絡した時に話は遡ります。

シンゴさん:「どれも行けそうにないけど、4/21にまた会社の連中とゲームをする予定なんだ」
というフリなのか、天然なのかわからないシンゴ副隊長の回答を頂いたので

俺:「あ、そうなんですね。じゃ行きます」
シンゴさん:「え?いや・・・呼んでない・・・けど・・・・」
俺:「参加者確定したら知らせますね~」

そこから僕は考えたんですよ。

前回はドレスコード:ジャージ、とかやって、オフザケが過ぎたのではないだろうか?
初心者に愛を込めてサバゲを教えようなどと言いながら、完全にdisった行動過ぎたのではなかろうか?

ならば、今回は愛を込めて「全力」で挑もう、と。

途中、トップダウンで、
「俺たち、銃の性能に依存した動きし過ぎてると思うんだよね~
 だから、21日は、ポン禁止のチープガン縛りでやりましょう」

という神の声が届いたので、唯一のドレスコードは、「15時までチープガンでプレイ」。

そんなOperation:GenocideIIへの志願者は。

KFCに新設されたTRISTAR部隊から
・俺
・ODAさん
・宮さん

MF枠から
・Jackさん

SI枠から
・三発屋
・ひでじ
・アキラさん

・・・・・ヨシキさん

不明枠から
・ポンコツ氏
・わっさん

そして雷さん。

ザムは無念の私用で晩飯から参加。

前日、50年に一度とか言われる爆弾低気圧で、開催が危ぶまれる一瞬もあったが、
予報では、21度まで気温が上がると言われていたので、
一同結構薄着で登場。

まさかの強風と低い気温で一日寒い思いをしたが、なんとか天気的には雨も降らず、
楽しめた一日でした。

では、毎度ルーチン化してますが、
写真を交えながら、ゲーム開始までを辿って行きましょう。

ジーパンからジーパンにお着替え
20150421-01

MFの性癖なのか、わざわざゲーム用のジーパンを持ってきて、フィールドで着替えるパターンです。

まぁ、僕もLE風味でプレイする事が多いので、デニムで遊ぶと汚れが困るんですよ。
だから、ある意味正解なんだけど、
最初からゲーム用を穿いてきて、終わって履き替えればいいんじゃないかと思ったが、
その辺り、MF流のこだわりなんですかね。
良く見たら靴下まで履き替えてますね。

本日の出オチコンビ。
20150421-02

もう、まんざらじゃないんじゃないかと思う、
前回購入した高級ジャージを家から着て来たわっさん。

そして、どういう経緯でこうなったのか知らないが、出オチかぶりした三発屋。
20150421-03

バスケットボールを片手に、バスケスタイルで登場です。
20150421-04

ユニフォームと同じ色の謎の濃紫のジュースを飲んでいます。

悪乗り出オチコンビは、近くにしたポンコツ氏に絡んで遊んでいます。
20150421-05
20150421-06
20150421-07
20150421-08

嫌がるどころか喜んじゃうポンコツ氏も真性なドMだと思うが、
股間にバスケットボールを押し付ける脅迫っていったいなんなんだろうと思う。

「・・・・・」
20150421-09

心中お察しします、シンゴ副隊長です。
もはや線を越えてしまった俺と、線の向こう側に居るシンゴ副隊長の関係性に、
最近少し距離感を感じますw
仲が悪いとかじゃなくて、シンゴ副隊長の立っている岸に戻れないところまで、
俺は漂流してしまっている感が満載です。

■新設 TRISTAR
20150421-10

ガラクタの40代で構成された3人編成のユニットです。
中身と可動部分がガラクタですが、三人合わせると結構戦えるぞ、という結果を残した日だと思います。

■痛恨のJack
20150421-11
天気予報に騙され、Tシャツ一枚で登場してしまったJackさん。
セーフティでは「Jack先生ジャージ」でどうにか暖を取っていたが、
痛恨の極みは後ほど起きる。

いちいちゲームの詳細を書くのが面倒臭くなっている俺なので、
総括と印象深いゲームだけ書いて行くぜ。

■肉食獣衰えず
やはりポンを持たずとも、肉食獣は肉食なので、
我先にとエサを求めて暴れまわるので、雑食な俺は、おこぼれ程度しか頂けない。
KFCハンドガン縛りに変えた後、トライスター1号機(テッ!)が暴走。

紅一点参加していた女子に2回も悲鳴を上げさせる。

宮さんと戦うときは、絶対に至近戦に持ち込まれないようにしようと内心思った。

■カレー
20150421-12

BASEでもカレー出すんだね。
でも、なんか好みじゃなかったなぁ。
どんどん食が細くなっているので、一皿平らげられず。

食は細くなるが、体はさほど細くならず。

■ザム登場
20150421-13

夕方、残念会からの参加、のはずのザムが、私用が早く終わり開放されたらしく登場。
また肉食が増える事になる。

午後からはポン解禁andミックスチームでゲーム。

赤:シンゴ副隊長、ヨシキさん、ひでじ、三発屋、わっさん、ポンコツ氏、Jackさん
黄:俺、ODAさん、宮さん、アキラさん、ザム、

あれ?こんな分け方だっけな・・・・
なんか間違いない気がするが・・・

一見、黄優勢な肉食感だが、蓋を開けてみると、
曲者揃いの赤、という印象。

そういう意味で、決してどちらかが圧勝、という感じではなく、
うまくハマれば黄色が勝ち、セオリー通りにゲームが展開、または持久戦になると赤が勝ち
と言った一進一退が続く。

■I can fly

この衝撃の1ゲームを語るには、一つ前のゲームから説明しなければならない。

黄チームは、北、つまり山に向かって攻める向きで侵攻。
赤は山を背に南向きにスタート。

スタート直後で中央ラインより前に前線を構築した黄チームだったが、
唯一の鬼門である、右手のブッシュをクリアリングできないまま、冗長に前線が伸びる。
黄のKFCメンバーは右翼、つまりブッシュ寄りに展開しているが、
残りの黄チームが作る左翼が少し下がり気味で、
ブッシュを囲むように前線を展開できず少々膠着。

前線をその位置まで押し上げる中で、vs三発屋戦でアキラさんとザムを失い、
残るはトライスター3機。

ブッシュ内からの攻撃で宮さんがダウン。

トライスター後衛2機が残って、やおら心細い感1000%。

不安感に苛まれ、後ろを確認すると、後ろには引き気味の黄色がごっそり居る。
下がって防御を固めたいが、ODAさんが孤立してしまうので、
とりあえず、ODAさんのカバーを、と思っていたら、
ODAさんが急にジタバタしてヒット。

アレ?何が起きてんのかな?と思っていたら、
さっきまで賑やかだった入口付近のKFCギャラリー(死体)が急に黙る。

すごく・・・・嫌な予感が・・・する・・・特に背後・・・・

そう思った刹那。

ズザザザ

パン!

ファッ!

カマバン越しでも体の芯まで来る着弾感。

振り返ると、ハンドガンを俺に刺す気か、という体制のJackさんが

「隊長、取ったぞぉ!! 痛い!痛い!ヒット!」

完全に捨て身の特攻Jackにカマ掘られて終了したのが、一つ前のゲーム。

そんな恥辱にまみれた俺が、次のゲームで狙うのは、文字通り「リベンジ」である。
狙うは半袖Jackの生腕だ!
あの腕にだな!俺の弾痕を、Tatooのように刻み込んでやるぜ!

そんな意気込みの俺であったが、
次ゲーム、トライスター2機に、軽く置いて行かれながら、
南まで侵攻。
ここまでかなり順調。
途中で三発屋も落としていたので、だいぶ脅威は排除されている。

と、ここで一番機と二番機が勢いづいて前進したところで、
影からシンゴ副隊長が颯爽と登場。
2機と乱戦の上、まさかの2機ともダウン。
しかし、距離を空けていた俺からはシンゴ副隊長は丸見えだったので、
しっかりゲットし、次なる獲物を探したところ、
建物の影からヒョッコリと顔を出した白T野郎を発見!

出たな!

Jackさんもこちらに気付いたので、

「おら!来いよ!来い!」

と挑発したら、
MF気質が暴走し、Jack暴走モードに突入。

なんの遮蔽物もない所にまんまと駆け出してきたので、
半身バリに収めてしっかりディフェンス固めながら、
Jackさんに照準を合わせ、移動先に置き弾を数発発射。

見事命中!と思いきや、
俺のホロサイトの窓枠から突如Jackさん消滅。

慌てて左目の視界で確認すると、
腰の高さで腹這いのような恰好で宙に浮いているJackさん。
左足にはネットが絡まっている。

「えっ・・・・」

脳内スローモーションが作動し、ゆっくりと地面に落ちていくJackさん。

「ああ、空が落ちてくる・・・」

ドウン。

もはや戦意喪失は間違いないが、うっかりやる気が残ってても怖いので、
這いつくばっているJackさんに近づきながらトドメに3発撃ち込んで
Jackさんが無事に動けるのを確認。

2回連続でギャラリーを沸かせたjackさんであったが、
ガラクタトライスター候補生に見事仲間入りの負傷。

さすが、アラフォー。ゲーム中にテンション上がってはしゃいだらダメなんです。

jackさんのコケた位置まで前進したところで、
直前の騒動など全く意に介さずといった雰囲気で、
ヨシキさんが登場。
俺に気付いていないのか、
俺に横っ腹を見せたまま、俺の横を通り過ぎようとするので、
キッチリとハローポンプしてゲットしたが、
すっかり一連の戦闘で俺自体に充満するやり切った感。

その先の建物に数人いるのは見えたが、なんともそこまで頑張る気が起きない。

ふと、「そういえば山の上でわっさんの発砲音したな・・・」と山の上を見たら、
青いバリの後ろに頭一つ発見。
髪形からわっさんの気がする。。。。

ん~前の2,3人相手にするより、わっさんと一戦交えた方がいいな。

踵を返し、わっさん方面に向かったが、手前で裏を刈取ってこちらに向かってくる敵2名を目視。
ああ、もう俺しか残ってないのかも。

距離的に、わっさんを仕留めるには、じっくり攻めたい距離だったが、
時間をかけると、前後挟まれそうな気がするので、
少々無理して山を登りかけたが・・・・

ハンドガンに切り替えたわっさんが2発撃ったんだが、
俺ではなく、近くのバリのビニールにあたった気がするが、
やたらデカい音で着弾したので、おもわずヒットコールをしてしまい、
変な空気になったまま終了。

I can fly。
空を飛んだJackさんは、今後しばらく語り草になるでしょう。

■Fall Down

この頃から、平野での戦いに対する打開策なのか、
上の外周山登りをする人が増えてきた。

さほど脅威ではないのだが、上空から大量に弾をバラまかれたり、
うっかり存在を忘れたりするとヤラれるし、
気にし過ぎると平野部を進めないので、少々注意が必要だな、と思い始める。

そんな中、いそいそと山を登って行く敵チームの中に、
見慣れた帽子の男を発見。

俺:「ねぇ・・・アレ・・・シンゴさんじゃね?」
宮さん:「そうだね。さっきのゲーム俺シンゴさんに撃たれたんだよね」
俺:「ねぇ・・なんかニヤニヤしてる気がしない?」
宮さん:「ん~そうかな~」
俺:「なんか気に入らないなぁ」
宮さん:「じゃ。いこうか」
俺:「ファッ・・」

トライスターは集団行動が暗黙のルールなので、
俺とODAさんも自動的に山登りコース。

山の中腹までは、ポイントマン宮さん、カバーODAさん、右翼遊撃俺の変則フォーメーションで進み、
えっちら山を登ってきたシンゴさんを、まんまとゲット。

その後数人居た敵(ひでじ含む)を排除し、下りに差し掛かると・・・・

一番下から、見慣れた笑顔が手を振りながら登場。

別件トラブルで遅れていた雷さんが、ハンドガン持って登場。

これは、今日一番の勝負かも知れない。

雷vsトライスター

ここ何戦かで仕上がった三連星は一味違うぜ!

しばらく粘った雷さんだったが、俺の知らないうちにヒットコールをしたらしく、
珍しくのんびりとバリの後ろから頭を出す。

よし、やったか。

が、ここで脳裏をよぎる前回の記憶。
ポンコツ氏の幻の金星事件である。

いや・・・死んでないかも・・・

それと、いつものアレとかソレとかも含めて、
キッチリとどめを刺しておかないとダメだと思い、
バリから完全に上半身が出たところに2発フォローショットを追加。

幸か不幸か俺のションベン銃では直撃弾に至らず、

「隊長!顔かすったし!」と逆に雷さんの激高を買ったか、と背筋が寒くなった瞬間に

ドウン。

本日二人目のトライスター候補生誕生。

珍しく雷さんドテ転び。

その後の顛末は名誉の為に書きませんが、
いろんな意味で痛恨の転倒だったに違いない。

もう、俺の記憶を消そうと狙う気が無くなればいいのに。
いや、むしろ転んだ拍子に俺の都合の悪い記憶が消えてればいいのに。

もう若くないですから、安全第一でがんばりましょう。
20150421-14

※恒例の「雷現象」
 怒ってないんでしょうけど、写真に収めると殺気すら感じる仕上がりです。

ピリッとしたので和む画像でも。

20150421-15

ポンコツ氏です。
最近、顔面のホウレイ線がどんどん濃くなって、
今では「さいとう・たかを」が描く漫画のキャラクターみたいになってきました。

M16A2にデカいスコープ載せればいいと思う。

ヨシキさんの靴。
20150421-16

緑つなぎに合わせたのか、あまがえる色のスニーカー。
なんか、ヨシキさんらしい色だと思いました。
でも、モノクロだと色がわかりませんね。

20150421-17

まぁ、そんなグソグソな感じで、ゲームは終了です。

そして、ここからが我々の本番です。

20150421-18

晩飯喰いに行った川崎苑でも「雷現象」発生。
普通に楽しく話している光景のスナップのはずなんですが、
完全に「雷、KFC全員に説教」の光景です。

良く見たら、左三人、KFCのTシャツ新旧そろい踏みです。

20150421-19

だいぶ盛り上がって、ひと段落、というところで、
家が近所のNざわざわくんが登場です。

最近にわかにKFCのスターダムに上り詰めた男です。
彗星のように、サッと消えてしまわないと良いのですが。

うっかり当選した国会議員みたいな出で立ちで登場し、
飲み物一つ注文しないNざわざわくんのハートの強さに感服しますね。

俺のカメラを警戒しているはずなのに、何の遮蔽物もない俺の向かい側に座る辺りが、
天然どじっ子の名を欲しいままにする逸材具合が光ります。

オデコも光ってます。

20150421-20
そんなニコニコだったNざわざわくんでしたが
20150421-21
画面左から残像みたいに高速に動く人物が登場し、
おもわず自分の顔も残像になるくらい高速レスポンス。
20150421-22
トイレに立った雷さんが戻ってきただけでしたが、
思わずピースしながら白目向いてしまいます。

雷現象、三度。
20150421-23

雷さん:「俺の提案した裸ターミネーター戦、やらねぇとか言ってるって聞いたけど本気か?」
Nざわざわくん:「違います違います。やりますやります」

もう顔にモザイク不要なほどに頭部が小刻みに揺れています。

ま、そんな感じでね。
後半面倒くさくなって駆け足でしたが、
三回目はあるんでしょうかね。

とにかく高齢化が進むKFCとしては、入力コマンドは「からだ だいじに」です。

お疲れ様でした。
20150421-24

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.