2018-06-29_LEC-Project

LE_C

LE_C Projectについて

珍しく真面目な感じでブログを書きます。
このたび、LE_C Projectを立ち上げさせていただきました。

いや、それ何なん?と思うでしょうけれど。

平たく言うと、LE系のイベントという理解で良いです。

LE WARも次がFinal。
純然たるLE系のイベントが無くなってしまいます。
※あえてここではLE vs ナニナニ的なイベントは別カテゴリとして書いてます。

イベントって何でか知らないけど、参加する側の人間も何かしらのモチベーションになりますよね。
だから、何かしら存在する事が大事なんだと思っています。

が。

自分で主催するとなると、
面倒臭いのは嫌なんですよ。

だから完全に壮大なオナニーとして、まずは自分自身が参加者の立場で楽しめるイベントの
コンセプト作りから始めよう。という事で企画してます。

プロジェクト名としては「LE Conpetition」(LEコンペティション)と名付けました。
イベント名も同じになるかと思います。

今のところのイメージとしては

■原則ガチゲーム
 装備を付けて、「おお~それ買ったんですか~」「これどうです?仕入れてみたんですけど」
 みたいなお喋り会は楽しいですけれど、今回は無しです。
 いや、お喋りしていただくのは構いませんが、ゲームに参加せずに一日ダベり続けるパターンは
 俺の中で無しです。
 コンペティションなのでチーム毎での優劣、勝敗を一日を通してつける要素を取り入れますので、
 それぞれのチームのスコアの為にハードにゲームに参加して頂き、
 「装備をつけてのサバイバルゲーム」を楽しんで頂きます。
 
 疲れちゃうとか、そういう言い訳は、他所のゲームでやってください(笑)
 イベントに向け、動ける身体作りをして仕上げてきてください。

■装備をつける意味を持ちたい
 とは言え、本気でゲームするなら、不要な装備は外した方が身軽で良いのが現実。
 でも、せっかくコレ用意したのに、なんて事が起きますよね。
 なので、一つの案としては
 ボディアーマー部分への被弾はヒットとしない、とか、
 手足への被弾は、ターニケットやメディックツールを使うとヒットから回復できる、とか
 わざわざその装備を付けた意味が出てくるゲームルールに出来たらいいなと思っています。
 
■いろんな意味でのリアルカウント
 ライフルやハンドガンの装弾数もリアルカウントを基本とし、
 さらには装備によっての携行可能マガジン数も変えていきたい。
 例えば、私服のRAIDジャケットの警官がARのマガジンを3本も4本も持っているのは
 LE好きからすると違和感ありますよね?
 そういう意味でのリアルカウントも導入したいです。

という感じで、装備+ゲーム、で楽しめるゲームメイクをして
参加者の皆さんと楽しいイベントにしたいなと思っております。

現在のところ、企画立案中となりますので、
企画に賛同いただける方、何かしらの企画の持ち込み、などをお受けしている状態です。

引き続き、こちらのブログで確定事項や連絡事項はアナウンスさせていただきます。

僕、真面目に文章書くこともできるんですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.