Regression

GnnG TOP

頭のおかしなヤツが書くブログとしてなんとなく認知されつつあるワタクシですが。

元からここまでオカしかったのかというとそうでもない気がしています。
こうなるには必然たる道程がございました。

元々は非ミリタリーなブログをずっと書いていたわけです。
最近になってこのブログや、このブログを書く気が狂ったヤツを知った人向けに
思い出でも書いてみようと思います。

(書くネタを探している間の箸休めくらいにご理解ください)

と言っても、いつも書くヤツは割りばしの包み紙で作った箸休めくらいですが。

さて、そもそもで文字をインターネット上に垂れ流すようになったルーツを語るには
時は、1990年代後半まで遡ります。

当時、世の中は「Windows95」~「Windows98」と言う、画期的なオペレーティングシステムが発売され
パソコンやインターネットが一般人にも普及を始めた時代です。

ヒット曲で言うならWOW WAR TONIGHTくらいです。H jungle with tです。

まだ、一般家庭のインターネット利用が「従量課金制」だった懐かしい時代です。
ピーヒャラヒャラヒャラ・・ボゲンボゲン・・・というモデムのダイアルアップ音を知っている読者が
どれくらいいるのか知りませんが、とにかく、アダルティなサイトのページを一つめくるのですら、
結構な時間が掛かる時代です。

そう。
まだインターネッツには「エロ動画」というカテゴリは存在しないのです。
もう少し時が流れると「ブロードバンド時代」が到来しますが、
この当時は「ナローバンド」なのです。

当時の人はエロいものが少ないインターネットで何を楽しんでいたのか?
TwitterもInstagramもない世界です。

そこにあるのは「BBS」と「Web日記」と「2ちゃんねる」くらいじゃないですかね。

まぁ、そういう意味では土俵が変わっただけで、どうでも良い事を発信し、
9割自慢な写真を公開し、くだらない事で言い合いをする、という事をしているので
この20年くらいでは人間の本質は何も変わっていないクソな生き物だ、という事がわかります。

 
その中でワタクシが書いていたのは、Web日記というカテゴリのものです。
ブログの先祖のようなものです。
メールアドレス1つで借りれるサービスで、誰でも気軽に始められました。
提供しているサービス内で、そして有志の人が作ったサイトに登録した人で、
アクセスランキング的なものがありましたね。

まぁ、当然僕の事ですから、そのランキング上位に鎮座・・・する訳もなく、
中学生のオナニーのように「質より量」という、ただ書き続けるという日々でした。

ここまで読んで気づいたと思いますが、

「まさか、オマエ普通に昔話をする気?」と思いませんでした?

そうなんですよ。
実はこのテキスト、3日くらい掛けて、同じような文章を3つ書いたのだけど、
思い出話としては面白い、懐かしいのだけれど、

「何一つ面白くない」

ちょっとしたくだらない苦労話ばかり。

仕方がないので、もう使い古した展開ではございますが、かの「みや~た」くんがベタに
「僕は好きなんです」と言ってくれた知恵袋ネタで場を温めてみましょう。

■彼氏がMなので別れようか悩んでいます

彼は同じクリニックで勤務しており、普段はハキハキと仕事をしていますが、
エッチでは女の子みたいな反応をします。

フェラをしたら「あん」とか言うし女の子みたいになります。
フェラをしていてもすぐにイッてしまいます。

これくらいの不満はみなさんあるものでしょうか?

—————–

多分Mなのが不満じゃなくて早漏が不満なんだと思います。
彼氏を椅子に縛り付けて、ご自分は極太バイブレータでオナニーするところを
見せつけてあげれば良いのではないかと存じます。

—————–

■彼女のへその中に

三年くらい前に彼女のへその中にビーズ入れてたんですが、さっき寝てるときにみたら
まだ入っていて驚いています。
気づかないものでしょうか?

—————–

太ってヘソが埋まるパターンあるからね。

いくら三年前だからって、よく手元に「ビーズ」があったなと驚きを禁じえません。
B’zのCDの間違いではないのでしょうか?
もちろんシングルCDの方です。

—————–

■付き合いはじめのカップルです

ゲームをした際に負けたら10分間されるがままになるという罰ゲームをすることになりました。
下ネタ系はなしで私が勝った場合に彼氏に対して何をすれば良いでしょうか?
なるべくたくさんの案をあげて頂けたら嬉しいです。
びっくりさせるようなことをしたいと思っています。

—————–

テメェで考えろ。と言いたいですが、投稿者のデレデレなのろけに対して「たくさんの案」が
まったく集まっていなかったのがかわいそうすぎるので、僕も考えてみました。

下ネタ系は無しですからね。

考えたけどないですね。

そもそも「何のゲームをして」という背景を聞きたいですよね。
シックスナインで先にイッた方が負けゲーム、とかだったら、ゲームが下ネタやんと思いますが、
一つ目のM彼氏だったら、即負けですね。あんあん言って負けます。

ああ、若干下ネタですけど、彼氏に目隠しをして、耳元でなにか汁っぽい食べ物を食べます。
熟れまくった桃とかね。

はい。
あと2つほど良いのがございましたのでご紹介します。

■生保レディから

生保レディから「どこか公園の駐車場でお会いしたい」と言われ会いました。
レディと言っても50代の女性です。
車の後部座席に案内され横にレディが座りました。
色々な保険のお話をし、話の途中で時折密着してきたり、私の太股に
レディが手をおいたりしてきました。
私の股間は不覚にも50代の女性相手に反応してしまいました。

その後、レディの太股に私が手を触れたら、かわされました。

思い切って「あなた次第ですよ」と私が言いましたら
「どう言う意味?」とお叱りを受けました。

その日の夜にレディからお電話があり、またお会いしたいとの事でした。
後日改めてお会いしましたが特に何もありませんでした。

期待する私が馬鹿なのか?それとも・・・・?
皆様の経験を教えてください。
よろしくお願いいたします。

当方、40代の既婚男性です。

—————–

最後の一文がオチね。

まぁ、不覚にも50代の女性相手に、って見下しながら
めちゃめちゃヤリたいって感じが滲んでいるのが面白い。

昔僕もありましたね。生保レディ。
僕は20代でしたけど、相手は40くらいですかね。
まぁこんな感じの駆け引きの末、もう一歩でオチるとダメ押しで掛けてきた電話の向こう側で
「お母さんごはんまだ~?」という子供の声がして、当時は萎えてナニもなく契約も無しで終わりましたが
今となってはナニしてくれたら契約しても良かったんじゃないかと思う懐かしい思い出です。

■近所の老婦人と

近所の86歳の老婦人との不倫に嵌っています。
ボランティアのつもりでしたが、知らない世界を覗き、離れられなくなりました。
当方32歳。
25歳の彼女から、どちらを取るのか迫られています。
どちらも別れたくありません。

—————–

25歳の彼女は二次元でしょう。

もし、通常の25歳の女子が、自分の彼氏が86歳の老婦人とナニしていると知ったうえで
「どちらを取るの」と迫るなら、相当変わった価値観を持った女性です。
普通に考えて、似たり寄ったりな世代の女性ならまだしも、86歳ですよ。

そんな25歳の女子よりも、やはり86歳の老婦人とのナニに嵌る理由をもう少し詳細に教えて欲しかったですね。
知らない世界とやらを、僕にも覗かせて頂きたい。

え~
最初は全然文章書けなかったのに、
くだらない事でも20年書き続けると、少しはマシになるよ、
という事を書きたかったのだけど、
もういいんじゃないですかね。

ちなみに、「うまく文章が書けない時代」と平行して今の僕を作り上げる原点の一つとなったのが「ハメ撮り」なのですが、
その話はまた今度改めて。

最後にちょうど10年前の俺とダッヂの写真があったので貼っておきます。
変わったような、変わってないような、変わってるような。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.