Techno-Break

GnnG TOP

テクノブレイク。

長時間の自慰行為によって発症し、高確率で死亡するといわれる症状です。

という、噂で有名になったネットスラング。

まぁ、腹上死も困りますが、オナニー死は色々大変ですよね。
何をオカズにナニしていたのかによると思いますが。

腹上死について調べたのは、昨日、一昨日と続いた、
「知らなかった世界」の扉の鍵を握っている老婦人とのセックスについて
これでもかというくらいに真剣に調べたからです。

結果的に、というか、統計的に言うと
腹上死するのは男女比で言うと10倍以上男の方が多いようですね。

基本的には心臓・血管系のアレで死ぬみたいです。

ちなみにこの件で検索を続けていたら

自宅のトイレでオナニーしていたら、事後に具合悪くなって
緊急搬送→くも膜下出血という記事を見つけました。

この記事の中で一番興味深いなと思ったのは
オカズが物理的な紙媒体だったようですが、
それを理想的に保持し、かつページをめくり、そして片手でナニするために、
蓋を下ろした便器の上に紙媒体を置き、自分は床に座っていたしていた。

という記載である。

わかるようなわからないような。

正座しながら、って事ですかね。

なんて感じで考え込んでページを閉じようとしたら、
ページの下部にこんな生地もお勧めという感じで、このような文字が並んでいた。

「35歳ではじめてセックスした話」

はは~ん。童貞が35歳でババァに筆おろしされてハマっちゃいましたアレだなとリンクを開いたら

「35歳まで処女だったがギリシャ人とワンナイトラブでセックスをした」

という一文から始まっていた。

ワンナイトラブで氣志團のOneNightCarnivalのイントロが流れ始めたが
一回本文にフォーカスを戻したい。

「俺んとこ こないか?」

あ~始まっちゃった。

ここからはOne Night CarnivalをBGMにテキストをお読みください。

35歳まで処女なのは別に良いのだが、

ギリシャ人とワンナイトはすごくレアだよね。

これはせっかくなので実際に原文を読んで頂きたいのだが、
個人的にはこれ本当に女の人が書いているんじゃないかと思うんですよね。
言葉運びというか、文章の組み立てがすごく女の人の思考っぽい。

男が書いているんだとしたら、実に女要素の多い男か、
単に僕の目が節穴なんでしょう。

こういう文章を見つけるとちょっとうれしくなります。

https://anond.hatelabo.jp/20180408020531

あと付帯して見つけたのが、

「特殊能力がある」という記事。

射精した直後に嗅覚が異常に敏感になる、という話。

ベッドルームに居ながらにして、キッチンで飼い猫が粗相をした匂いを感知
 →嫁が見に行くと本当にしていた。

会社のトイレでオナニーした後、打ち合わせの相手の口臭が強く感じる

そんな内容でした。

このサイト、コメントが付くのですが

「嫁にキッチンまで見に行かせるとはけしからん」というコメントに

「自分はベッドルームに繋がれているので」という返答だったり
※かつ、この能力が発動するのは射精後なので、射精して尚、どこかに繋がれている。

「いやいや、会社のトイレでオナニーすんなよ」というコメントだったりだが

一番感嘆したのは

「まず、その能力に名前をつけようぜ」という通りすがりのコメントに対し、
別の通りすがりが「セックス・センス」と書いた事ですね。

くそベタなのに、声出して笑っちゃった。

何の話題について書いていたんだっけ?

ああ、腹上死ですね。

僕は嫁以外で腹上死するのだとすると・・・
無条件で受け入れられるのは、北川景子ですね。
ココは無条件です。

抱きしめただけで死ぬって言われても、躊躇なく抱きしめるかもしれませんね。

北川景子は容姿というか、テレビその他で知る限りの性格含め、僕の中で最上級です。
結婚して人妻になった段階で、さらにグレード上がってます。

あ、ちなみに僕が知っている変わったオナニーの方法ですが、
結構難しい方法なんですが、どちらか片方の手を足の下敷きとかにして
一時的に血流を止めます。

少ししてからその手でシゴくと、血流が止まっていた分、「体温の低い女性っぽい感じ」にポコチンは感じます。
血流の留め具合にもよりますが、ある程度止めると自分の腕という感覚も薄れるので
他人にシゴかれている感が増えます。

この方法で注意しなければいけない点が2点ほどございまして。

1.血流を止めるという事に対するリスク(その一)

 ええ、当然ながら血を止めすぎると、壊死とかそういうものに繋がります。

2.血流を止めるという事に対するリスク(その二)
 
 血流を止める→開放→血流再開

 これで起きるのが「しびれ」です。

 長時間正座して立ち上がった時の事を想像してください。

 腕が一本完全に痺れるという事態も大変な事ですが、

 その状態で「電話が鳴る」「母ちゃんが突然入ってくる」という二次災害的な事に対する、
 緊急回避的な対応時に最大に役立たなければいけない、腕が一本使えない、という
 最大級のリスクがございます。

 ご利用は計画的に。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.