OneMonth

LE_C TOP

早いものでもう残り1か月です。

色々発注しないといけないものとか、
ああ、こんなもの有った方が盛り上がるかなとか、
スタッフ的に手伝ってくれる人の人選とか
そんな事に頭を悩ませてみたり。

ルールに不備や無茶がないか、とか脳内シミュレーションを重ねてみたり。

自分自身がプレイヤーとして参加したかった!と思える内容に仕上げる事が
楽しんで頂ける事に繋がるのではないかと信じて努力しておりますが・・・・

そんな一方で、「どんなイベントなのか詳細がわからない」というご意見もございました。

その通り。

初回ですから、どんな感じになるのかはわかりません。

まぁ、楽しんで頂ければ何でもいいんじゃないかなと思っているので、細かい拘りなく、
好奇心で参加頂けたら幸いです。

どのくらいまでOKなの?という下限を知りたい皆様に
衝撃のボーダーラインをお知らせしましょう。

暑い時期ですから。

ミリタリーな皆様におかれましては

「たまには私服(非迷彩)でサバゲどうすか?」くらいで大丈夫です。

僕がLE装備を始めたきっかけは

「****でなければならない」という要素が強いミリタリー系の土俵ではないところで
楽しくサバゲをしたい、というものだったので

アレコレと「****でなければならない」という制約を装備類について課したくありません。

もちろんこだわりの装備で参加頂くのは大歓迎です。

ですが、装備が凄いからと言って、LEレベルが高い、的な思考は僕にはありませんし、
装備がショボい人がクズで、誰も持ってない実装備でそろえている人が神でもありません。

その日に至るまでの準備期間と
その日一日会場で過ごす間、知り合いでも知らない人でも交流したり
謎めいた世界を垣間見て見たり、
その日以降で、LE装備かぁと思いをはせて頂くような楽しみ方をして頂ければなんでもいいんじゃないかなと思ってます。

参加してくださる皆様が作っていくイベント。

そんな風になったらいいなぁと思ってます。

あ、今すごい心に響くまとめ出来たんじゃないの?

響く、で思い出しましたけど
童貞を卒業して間もない頃、
次なるステップとして、女をヒィヒィ言わせるようなテクニックを身に付けたくなった僕。
その最高峰としてイメージしたのが「子宮に当たる!壊れちゃう!」と言わせることです。

だいぶイキった願望ですが、若気の至りです、ご容赦ください。

どうやったら子宮に当たって、どうやったら子宮がぶっ壊れるのかを考える毎日でしたが、
その頃まだまだインターネッツ的なものは普及しきっておらず、今のように何でもGoogle先生が教えてくれる時代ではありません。
VHSの時代です。

かつて保健体育の授業で習った女性の生殖器の配置図を思い出し、
童貞を卒業した実戦経験を踏まえて考えたところ
自分のバレルレングスでは届かないのではないか、という結論に達しました。

失意です。
童貞卒業しても、女をヒィヒィ言わせることができません。
幸い、と言うか不幸にもというか、
セルフプレジャーのし過ぎなのか、自分の右手に比べ得られる快感が少ないため、
早漏で終わるどころかいつまで経ってもイケない地獄に落ちていたので
バカみたいに腰を振ることはできました。

その中で急に思いついたのです。

筒状の部分に棒状の部分を差し込んでいて、ほぼほぼ密閉状態にある。

小学校の頃に倣った、あの筒の前後にスポンジみたいな栓をして、後ろから棒で押すと空気が圧縮されて
先のスポンジが飛ぶヤツです。

そう!空気を圧縮することができたら!俺は!子宮をぶっ壊せるんじゃないか!

僕は若かりし頃から、こんなバカな事ばかり考えています。

そんなバカが一生懸命考えたイベントに参加してみたらちょっと面白いんじゃないかと思いませんかね?

はい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.