Morrissey_002

GnnG Photography TOP

久しぶりにブログを書き始めたが
すっかりネタがクソ真面目なチョイスで
どうにもなりそうにございません俺です。

最近凄いなって思ったのが
AIを使った画像編集ソフトです。

僕のPCのストレージの奥底の方に、昔ハメ撮りで撮った画像があるのですが
当時のデジカメの性能から吐き出される画像は、今のPCで見ると
まず画像のサイズが小さいんですよ。
当時のパソコンではそれなりだったんだけど、
パソコンの画面がデカくなっていき、古い写真は画質云々の前にサイズ的に陳腐になってしまった訳だ。

では、Photoshopで画像サイズを拡大することができるから、そうしてみよう。

今度は画質がクソが故にモザイクかけたのか?ってくらいなピクセルアートになる。
細目で見たら大事なところが見えるだろうか?

そもそも自分で撮った画像なので大事なところは大事なところとして写っているのだ。

年月が経ち、Photoshopにも画像を補完しながら拡大する機能が追加されたが
それでもまだ荒い。


別にそのハメ撮り画像を大きなサイズでどうしても見たいわけじゃない。
何かテクノロジーの限界の前に屈している自分が残念に感じるだけだ。

だが、先日超真面目な画像編集の目的でAI機能付きの画像編集ソフトとやらを購入した。

実際自分の写真の編集においては、あんまり役に立たなかった。
結構したのに全く無駄な買い物だよ。
そもそも性能をわざわざ下げるような撮り方で写真を撮っているので
カメラの限界値をAIが補完してより精細な画像にする機能を有するソフトが出番があるはずがない。

しかし、いつの時代もエロが世の中の技術と、そして自分自身の技術レベルを底上げするのです。

先日遂に当該ソフトの存在と、昔のハメ撮り画像の存在を同時に思い出し
そのソフトに画像を通してみた訳ですよ。

なんということでしょう。

フラッシュで白飛びしていた部分は綺麗な肌色になり

ピクセルアートのようだった画像も、ちゃんと見える画像になりました。

まぁ、若干違和感がある部分とか、スマホの加工した画像みたいな感じは否めないのですが

最大の問題は・・・

そういえばこの娘、ブスなんだった。という事ですかね。

ただ、僕の長年の心の中に残っていた、しこりみたいなのは、
まぁ、なんていうか、苦笑いと共に消えていきました。

そして再びハメ撮り画像はフォルダごと圧縮されて、ストレージの奥深くに消えていきました。

48歳になっても僕はまだ無駄なテクノロジーをエロい事に注ごうとしてますよ、って話。

ところで、カメラ初めて1年が経とうとしているので
先日一大決心をしたんですよ。


ライカ 行こうかな。

ライカと言えば、ライツ カメラの略で、
カメラを知らない人でも知ってるであろうドイツのクソ高級なカメラです。

昔は「ライカで家が建つ」なんて言われてたらしいですが
今でも最新機や著名なレンズはクソ高いです。
新品本体で100万~、有名なレンズ1本で100万みたいな世界観ですが・・・

まぁ、バカみたいな背伸びはするもんじゃないですし
そもそも買えません。
ただ、「やっぱライカでしょ」という安直な話ではなく、
ここまでの1年間で知りえた知識と使った機材からのフィードバックで
自分が撮りたい写真を撮るカメラはライカ、という結論に達しただけなので
逆に遠回りするだけ無駄な出費をすることになるので
一つ覚悟を決めようかなとは思っております。

ライカもピンキリで色々あるんですけどね。。。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.