2018-07-29_PMG_RSC

40 MIKEの事書いたから安心してたけど、本編書いてなかった。 まぁ、書くって言ってもアレなんですけど。俺です。 何よりも、随分久しぶりに潮来まで行きます。 前は良く来ていたんですけど、別に来なくなった理由が明確にあるわけでもないので不思議なものです。 今回も珍しくオジサン3人乗り合わせコンボで出撃。 ダッジ、オラノのおじいちゃん、俺です。 オラノのおじいちゃんとは趣味や趣向がバッチリ合うのですが、 おじいちゃんとの会話の内容が全く記憶に残らない、という特性があります。 断片的に残っている記憶として「マータフ」、「牡蠣が大好き」という事だけ。 後日、大量のタペストリーの画像を貼り付けてきたので 「なんでタペストリーだっけ?」と聞いたら 「あんなに車の中で盛り上がったのに!」と言われたけど タペストリーの話とか何時したんだろう? 俺が夢の中に居たか、おじいちゃんが白昼夢だったかどちらかです。 とにかくおじいちゃん大好きなんですけど、話題が記憶に残りません。 「ああ、楽しかった」というぼんやりした記憶だけ。 不思議な存在です。 ああ、行きの車の中では恒例の「マッドブラックなダッジの会社」の話になり、 最終的に「そんな昭和の遺物みたいな会社は滅びろ」という結論になった気がする。 ある程度のジジィになると、仕事の悩みか身体の不調の話に勝手に落ち着きます。 そう言う意味では、この集団は割と特殊です。 年齢の幅こそあれど、基本はオジサンに分類される生き物ですが、 このプールの中で交わされた会話は 「無駄毛の処理方法」 「どのくらいの周期で毛を剃るか」 「永久脱毛したい」 「乳首水鉄砲で撃って」 「お前、太ももの後ろ、無駄毛残ってるからな!」 「お前も残ってんじゃねぇかよ」 「ゴリ、プール入りたいんだろ」 「誰かおしっこしただろ」 「今からワニやるから」 「いや、完全にフカザワだし」 「俺もワニやりたい」 「いや、完全にエバシだし」 「だから、ワニってなんだよ」 そんな話題でしたね。 精神年齢が14歳で固定されている生き物しかいないようです。 ちなみに、この写真を見て、誰かが 「東南アジアの方の刑務所で、囚人を風呂に入れている様子」と言っていました。 ゲームは楽しかったですよ。 暑くて、Tシャツ半パンだったので撃たれたら超絶痛いけど、 午前中ミスヤン、エバヤンと対峙したゲームでギア上げすぎて 完全に熱暴走気味だったので、誰よりも早くプールに入水したくらいに存分に楽しみました。 例のクボミを警戒していたけど、新たにバリが追加されていて、ハマらずに済みました。 このテーブルのLE勢は結構ポンコツでしたね。 ゴンちゃんが持参したスポットクーラーで3回目のブレーカーを落とした時は、 流石に怒られると思ったけど、誰も怒らなかった。 そして、もう二度とスポットクーラーは持ってこないでください。 ああ、ご安心ください。 セーフティでトリガーに指をかけていますが水鉄砲です。 プール入って疲れちゃったオジサン。 流石に毎日無駄毛処理をしているとボディシェイパーが欲しくなってくる。 ### ゲーム上がりで海鮮倶楽部にも行けたけどM1号が既に不在というの事前に知ってしまい、 ちょっとテンション下がってましたけど、代わりのオバサマとナミキングが ただただエロい会話をしていて楽しかったです。 ナミキング:「すいません、お姉さん!この天丼にタレを追加したいんですけど」 オバサマ:「タレね。中に入れちゃう?」 ナミキング:「いや、僕、自分で・・・」 熟女系のデリヘルで、熟女から本番迫った感じの会話でした。 まぁそんな感じで、もう書きませんが、 良く考えたら ピースメーカーって 「平和」って意味入ってるよね。 という一日でした。

Continue Reading

2018-06-17_PMG_BattleCity

モジャモジャ頭が伸びてきて、巨大なチン毛ボールみたいになっている俺です。 相変わらず本家のチン毛はチョビ髭です。 え~今回もまたPMGです。 梅雨時期で雨も多い週だったんですが、この日はバカ晴れ。 くそ暑かったですね。 そんな暑い日に最適なオジサンだらけのオジサン特集な一日でした。 本日も集まりましたオジサン達です。 粒よりのオジサン揃いですが、中央にいるのは子煩悩なオジサンTakumi君です。 ちなみにウチの殿下は、プラレールを最小半径の円にして、その上にギチギチに電車を載せて走らせるのが好きでした。 僕はそれを「ムカデ人間」プレイと心の中で呼んで居たのを思い出して懐かしい気分です。 そんな子煩悩オジサンの隣にいるのが、オジサン・・・ではないのだけれど趣味・趣向がオジサン。 古めの装備が好きなのだから、50代くらいのオバサマに趣向を向けて見ると良いと思います。 あの熟女の本気の喘ぎ声すごいよね。咆哮みたいなやつ。 すべての音が「濁点」が付いてるパターンの奴。 イグウウウウウウウ!みたいな。 濁点が「グ」にしかついてないけど。 お久しぶりなオジサン。出家でもしたのだろうか。 ある一定のオジサンになると髪の毛の世話が面倒でボウズ、のパターンがあるのを僕は知っています。 そうじゃない理由でボウズなのかもしれませんけど。 LEなオジサンとLEWARSなオジサンとオジサン。 撃ち気満々なオジサン。 「この写真はマガジンから弾とパワーソースを抜き、営業終了後にフィールドのスタッフの許可を得て撮影しております」 みたいなエクスキューズ付きの写真を最近散見しますね。 確かに、セーフティで銃にマガジンを入れ、こんな風に持ち、しかもトリガーに指が掛かっている。 もしそうなら危険です。 そういう事には定例会はもちろん貸切のゲームでも留意が必要。 それはわかる。 だが、上で書いたような言い訳付きの写真をあげている人が多い理由は、 写真をあげるとSNSとかで袋叩きに合うからなんでしょうね。 だから先に言い訳するわけですよ。 これは安全に配慮して撮ってるから全然問題ないんですよ。叩かないでくださいね。って。 そんなの本当かどうかわからないのに。 実際現場で気にしていれば良くて、いちいち写真で言い訳なんか要らないと思いますよ。 この写真はね。 ガスもBB弾も入ってないけれど、45ACPが入ってますね。 なんなら手に持っているたばこ状のヤツも非合法なアレですよ。 ね。どっちでしょうかね。 え~ 久しぶりですね、この光景。 そして、やっぱり思った。 このオヤジ、腹が確実に戻っている、と。 相変わらずドスケベな話題でドスケベな視線を巡らせまくります。 「だって俺スケベなんだもん」 そんな表情でしょうか。 まぁ、真ん中の人もドスケベでちょっとパーツがアレしている感じですからね。 この日、自らが「傷心」であることを言おうとしたんですよ。 で 「私だって、ストロングハートだもん」 って言いました。 ね。 普通にドスケベな女の子がそんな間違いするなら、まぁいいですよ。 「そのおバカなお口にコレ入れちゃうぞ」とか言ってれば良いんだから。 でもね。ドクターだからな。。。と思うと、ほんの少しだけ複雑な気分でした。 まぁ、おバカなドクターもレアすぎて良いですけどね。 右の人は、僕初めて見ましたけど、お尻が良かったですね~ サイズ感が。 まぁ、それ以外は僕絡まなかったんで、特段コメントございません。 ただ、老けたな~と思います。ホウレイセンオヤジ。 あ、一応、この辺りで例の知恵袋挟んでみますか?軽く。 ■48歳の不倫相手、最近めちゃくちゃ早いです・・・  不倫相手が最近メチャクチャ早いです。  この前は「今日は中でいいよ」と言ったとたんにいってしまいました。  仕事も忙しい人ですが、ストレスと老化でしょうか。 “今日は中でいいよ”をどのタイミングで言ったのか、が重要でありながら書かれていない辺りが ポンコツ極まりないのですが、まぁ、言ってからイクまでが早かった=不満足、という解釈でしょう。 僕もね、この歳になって思うんですよね。 以前はウンコにまつわるトラブル多かったんですよ。漏らしたり、漏らしそうになったり。 最近はオシッコの方が多いですね。 もう、本気の限界でトイレ駆け込むパターンとか。 そういう意味では、我慢が出来なくなるんじゃないでしょうか。という雑なマトメで次へ進みます。 ■52歳のおじさんです  数年間性交渉はないのですが、自慰をした時に血が出てきました。  尿からは血が出ないのですが精子よりも血が出ているような感じです。  これはもう精子がなくなったということでしょうか? 52歳のオジサンが、数年間ハメてないのに、何を思ってセンズリこいたのか、 その心境たるは如何なものなのかと想像が止まりませんが、 冷静に考えて「これはもう精子がなくなったということでしょうか?」と公に質問する 52歳ってヤバくね?としか思えなくなってきました。 達したのに何も出ない=精子がなくなったのかな 達したのにシャバいのしかでない=精子がなくなったのかな 達したのに数滴しかでない=精子がなくなったのかな 達したのに血が出てきた=俺病気だな これが普通の心理です。 「終わりで赤玉が出る」というあの話に重ね合わせて聞いてるんですかね? 仮に赤い玉が精子の代わりに出たら、救急病院に俺は行きますけどね。 52歳のオジサンが重大な病気ではない事を心よりお祈り申し上げます。 ■電話  42~44年前くらいに、電話をかけると「エッチおじさん」と名乗り  性教育的なガイダンスが流れるダイヤルがありました。  このダイヤルについてなにか情報のある方回答お願いします。  当時私は関西在住でした。 42年から44年。40年でも45年でもなくその数字という事は、当時自分がxx歳だった、という 記憶が明確なのでしょうね。 ちなみに今現在が2018年ですから、44年前だとすると1974年という事になります。 その当時に音声ガイダンスの流れる電話ダイヤルなんてあったんですかね? Google先生とWikipediaに調べて貰ったら美術館とかで使われる端末型の音声ガイドは1975年に開発、とありますが 電話のガイダンスとはちょっと違いますね。 普通にドスケベなオジサンが電話に出て卑猥な事を、さもそれっぽく説明していたわけではないのでしょうか? 逆に気になりだしてしまったので、情報のある方は、ぜひ質問に答えてあげてほしいです。 はい、こちらもオジサンです。 え~Fireball猫兄貴。 もう兄貴っていうよりは叔父貴ですよね。 この日、近くに座っていたら 「おぅ、後で一緒に写真撮ろうよ」 と言われたので、 珍しい事もあるもんだ、と思ったのだけれど。 普通にいつもの叔父貴のiPhone差し出されたから 「ああ・・・俺が撮る人で、叔父貴が撮られる人。二人でそれやるから”一緒に写真撮ろう”。ああ・・」 って納得した訳ですよ。 自分が撮って欲しい風に撮るヤツが俺、なんでしょうね。 まぁ、すげぇ精いっぱい撮ったけどね。 […]

Continue Reading