GON_GAME

GONGAME LEWFも近くに迫る頃、「撮影会をやるので来てください」と誘いが入る。 まぁ、その相手がお松とゴンちゃんなので、とりあえずOKしたのだが、 LEWFが終わった後でも、一向にその詳細が見えてこない。 場所は予約してある。写真を撮る。ゲームはしない。 何回かゴンちゃんから説明を聞くのだが、 映画のスクリーンショットを見せられるだけで 何をどう撮りたいのかは全く理解できず。 どうにも出たとこ勝負感が強すぎたので、 流石に主催として人を集めるのなら、 事前の準備や、起こりうる状況に対する備えはしっかりと考えておかないとアカン。 そんなお説教モードの1週間を過ごして、当日を迎えました。 あ、俺です。 ちなみに、当日、Googleマップに翻弄されて、貝塚-幕張間を右往左往してイラつきました。 やはり機械より自分の勘を信じないといけません。 今回から謎い感じでワイド画像に変更しています。 ちょっと色々テスト的なものを兼ねてますが気にしないでください。 まぁ、モノ好きもいるもので、結構集まりました。 僕に至っては、直前でNYPDのサージェントやってください。衣装は全部貸します。 でもギアは持ってきてください。 と言われたのに、当日自分の装備は何一つ着させて貰えず、ずっと貸衣装のままでした。 俺がどうしてもNYPDやりたいから、と借りたならともかく。 撮影会に自分の装備で登場させてもらえない俺って。。。。。 と、 心のワイパー作動させながら虎舞竜のロードを歌って帰りました。 さて、いざ撮影が始まったのですが、 ゴンD:「最初は車の後ろに隠れて、銃を撃つシーンです」 え?これ場所もアングルも固定で、10人以上同じ写真を撮るの? ゴンD:「一人ずつ撮っていきます」 仲間とは言え、皆に見られる状況で一人銃を構える。 久しぶりに「クソ恥ずかしい」と思いましたね。 そのひとつ前に「クソ恥ずかしい」と思ったのはいつだったかなと思いだしたら、 朝通勤時に、電車の中でウンコしたくなって、京急品川駅についたタイミングぐらいでもう我慢出来る余地が1分切ってる感じで。 早足でトイレに向かうも、予想通り個室は満室な上にウンコ待ちの列があり。 ああ。もうダメかも・・とあきらめかけたときに 「誰でもトイレ」(体の不自由な人でも入れる大きな個室のアレね)が開き、 中からオッサンが出てきたわけですよ。 九死に一生を得るとはまさにこのこと! と思いながらオッサンと入れ替わり、中に入り、 空中放便くらいのギリギリ感で初弾発射。 ウンコが出続けながらも、安堵感からやっと周りの状況が見えるようになってきたのだけど 何故か個室の電気が消えている。 まぁ、暗くてもケツは拭けるので良いのだが・・・ とペーパーをカラカラと手繰っていると・・・・ 急に個室の電気が付き、 そしてドアが開いた。 そう。 あの誰でもトイレは、 一度ドアが開いて閉まると「使用中」になり鍵がかかり もう一度ドアが開いて閉まると「空室」になって鍵が開いたままになる。 俺はオッサンと入れ替わりで入ったので 外から見たら「空室」の状態だったのだ。 ズボンとパンツは足首の位置まで下がった状態の俺と ドアの入り口で顔面蒼白になりながらドアを閉めるボタンを連打している青年。 お互いに「す、すみません!」を連呼し合いながら。 青年の向こう側には何百人という通勤する雑踏が行きかうのが見える。 アレは恥ずかしかったなぁ。 これの次くらいに恥ずかしい訳だ。 ちなみにこの状況 メインのカメラ、違うアングルから2台のカメラ、スマホ、写真を撮る奴らを撮るカメラ ちょっとした芸能人を撮るカメラより多いです。 まぁ、やっぱAVを撮られるなら二人きりのハメ撮りじゃないと俺は無理だね。 こんな大人数が見ている前ですごい声だしたり、白目剥いたり、おしっこ漏らしたりは俺には出来ないから AV嬢ってすごいなって本当に思います。 そんな謎の撮影会を企画したのがゴンDです。 DはディレクターのDね。 ディレクションを一回俺に丸投げしようとしたけど、力いっぱい断ったよね。 変に気合が入って、タトゥーシールを貼り始めました。 アレが何か効果を為したのかどうかは不明。 謎のポージングはさておき。 カメラ初心者なのに、RAWデータで写真を撮るんですよ。 ブログをやっている訳でもなく、インスタ、いやゴンスタグラムくらいしか画像出さないのに RAWである意味って何だろう、と問いただしましたが、答えは良くわからなかったです。 普通に解像度高めのJPEGで大丈夫だと思います。 ちなみに、格好いい写真を撮りたい・撮られたいんですが、 「格好良い」の定義がグラついているのが問題です。 ゴンDが定義するカッコウイイポージングでしたが、スーさんからは「カーセックスを盗み聴きしているとこ」と言われてました。 リアルかどうかよりも「俺が恰好良いかどうか」を優先する男スーさん。 帽子のツバは絶対曲げません。 被写体慣れと、顔面の構造がズルいK池さん。 誰かに似てるなと思ってずっと探してたんですが、 「ザ・レイド」のSWATの隊長にそっくりだ!と思って 写真を見つけて並べてみたら、あんまし似てなかったです。 雰囲気そんな感じ的な。 中には真面目にヤレない人もいます。恥ずかしいとかではなくて、持って生まれた性格の問題です。 ロケーション的にはうまく使って写真撮ればLE向きな場所でしたが 昭和のラブホなので畳があったり、昭和の壁紙だったりと難しさはありました。 そもそもで、ラブホなのにすげぇ隣との壁が薄いから、どんな感じだったんだろう、とか、 部屋の構造的にどこでヤルんだろう、とか、ノスタルジックな思いの方が沸き上がりましたね。 昭和の刑事モノには向いているかもしれません。 パッと見の雰囲気はOKです。 背景じっくり見ると、やはり日本の過激派アジト的な匂いがしちゃうけど。 このシールド使った突入シーンでも、いろんな問題が起きます。 リアルを求めるのか、画像の見た目や派手さを求めるのか。 これ、二階に犯人が居る想定で建物に突入して行くイメージなのだけど、 建物の入り口と階段はちょうど画像の右側にあり、 この画像の感じで進むと画面中央くらいで一度右に曲がらないといけない訳。 真正面からの銃撃には耐用のあるシールドと編成が故に、 撃たれる想定に対し、常に正面を向いた行動をとらなければいけない。 かつ、上から撃たれる想定なら、建物に沿って進まないといけないのだけど・・・ それだと写真的には見栄えが悪い訳ですよ。 で、こんな感じになるのだけど、 まぁ、素人目に見ても、誰一人無事に建物にたどり着かないだろうなって思う構図でした(笑) 写真的にはすごくなんかアレな感じに撮れたので良いんだと思います。 映画っぽい格好良いテイクカバー。 でも、彼もチン毛は無いらしい。 極限までリアルさを追求した俺のテイクカバー。 ガンガン撃たれてるなら絶対顔とか出したくないよね、っていう腑抜けで銃撃戦慣れしていないNYPDサージェントを演じております。 形から入るタイプの野球チームを結成しました感のある一枚。 ユニフォームの前にベンチコート的なものを一番最初に作っちゃった。 […]

Continue Reading

LEWARS-FINAL

いや~食傷気味だね。 この連日のSNSへの皆のLEWFの写真の投稿ラッシュ。 写真上げるのいいんだけど、何か一言添えた方が見る方も「ほぅ、そう言う写真なのね」と思って見れるけど 写真と大量のハッシュタグを見せられるのはウンザリだよ! という半ギレでスタートしてみました、俺です。 楽しかったね。 珍しくトップに自分の写真持ってくるくらい楽しかったよ。 思い返せば、LE装備初めてしばらくしたころに、 何かの流れで参加したLE祭で、よくわからない小芝居にノリ切れず、 もうこういうイベントとか、やっぱ俺には合わないよな、と思っている時に 立て続けに参加したのが1回目のLEWARS。 初見で、絶対俺より年上だと思っていたのに、年下だった撫で肩のナ〇イさん。 残りの3人は誰が誰だかわからないままLEW終了。 お松達が仲間に加わるようになって、装備のコピー合戦が始まり なんだかもうちょっと面倒臭くなっちゃったなと思っていたころに、 一人誰にも相談せずにスーツで参加した雨のLEWARS 2.0。 そして、やっとイベント名がLEWARではなくてLEWARSだと知った今回のFINAL。 途中から仲良くなったオラノの面々、特になで肩のオジサンとは、 何回か一緒の車に乗ってサバゲに行く中で、半分居眠りしながら LEWARSの苦労話や裏話を聞いて・・・・・ ・・・・と言ってもエピソードを思い出せないくらいなので、 ほとんど寝てたのかもしれないけど・・・・ まぁ、なんていうか、他人事では無いような立ち位置で最終回を迎え。 彼らのこのイベントに注いだ思いを、少し受け取るような形で、 新しくLEイベントを立ち上げる決意までして挑んだ今回。 俺自身にも並々ならぬ思いがあったのは隠しようのない事実です。 そう。 5時50分にバトルシティの最寄のファミマに到着するくらいの意気込み。 我々の仲間も結構な参加人数だったので、 事前に席をある程度固まれるように確保したいなと思い。 前日から近くに泊まり込んで早く行きますというお松/ゴンチームに任せきりも申し訳ないなと 家を早く出たわけですよ。 そしたら、まさかの一番乗り。 いや、正確には、高速を降りてすぐ、軽くブツかりそうな勢いで抜かれた車に乗ってたのは 石ちゃんだったし、コンビニについたとき、駐車場にはもうソレっぽい車が何台かいたので、 正確な一番乗りではないのだけれど。 フィールドに入り、席を確保しようとしたものの、 お松/ゴンの席の確保の仕方が雑すぎて、ちょっと仕切ってしまったら 関係者と間違われたのか、全然知らない人とかに、どこに座ったらいいかとか 車をどう停めたらいいのかとか言われ始める始末。 この時俺は思い出したんだ。 数日前に、なで肩のオジサンに聞いたんだ。 「もし、必要だったら雑用を手伝うので言ってね」と。 そしたら、人手は足りてるから大丈夫。イベントを楽しんでくれと。 そうか、なら俺はイベントを楽しむよ。と。 そのなで肩は今ここに居ない。 「やりやがったな」 最後まで、「らしさ」が溢れ出るイベントです。 まぁ、らしさ、と言えば、色々あるのですが、 これまた、イベントの10日くらい前かな・・・ ゴンちゃんから「マツ〇トさんが、ワカ〇キさんの結婚祝いをあげようって話が来て、兄さんも一口乗りませんか?」と 言われ、そりゃあもう乗りますよと話にのったのですが・・・・ 何やらサプライズで渡したいとの事で、ああ、そういうの好きならやってあげてくださいと思ってその日は話が終わったわけです。 ところが数日して、 少し離れた場所で本人を囲んでボコられるのかと思わせた挙句にプレゼントを渡したい。 というサプライズ企画を伝えられた上で、 「兄さん、連れてくる役です」 と、何の相談もなしに、俺が一番苦手そうな役どころかつ、結構重要な役をアサインされました。 なんか、俺に拒否権が無い言い方なんですけど、少し考えさせて貰ってもいいですか?と聞き返すと 「あ、じゃ僕の方で検討します」という謎い返事。 そして、そのまま検討結果は俺には返って来ず・・・・ ご想像通り、当日の朝、「兄さん、連れてくる役です。実行は13時で。」 とおそらく何の検討もされなかった最初と同じ役を拝命いたしました。 まぁ、そこでウダウダしても仕方がないので、一応了承し、 イベントは盛大に進み、時刻は12時50分。 そろそろ最終的な段取りを確認しておこうと、ゴンちゃんを探すが一向に見つからない。 セーフティを2往復くらいしたが見つからない。 方々で聞いて回ると、どうやらフィールドの中で写真を撮っているらしい。 仕方がないのでフィールドの中まで探しに行くと、居ました。 SOGだよ。 あの重装備でSOG仲間と写真を撮っています。 あの・・・・時間ですけど・・・ 「あ、兄さん、あと5分だめですか?」 ダメだね! 頼まれて受けた事に対しての俺の責任感意外と強いんだよ。 一方で、拉致りたいワカ〇キさんは、さっきまで黄色いシャツでわかりやすかったのに、 装備に着替えたのか見つからない。 もう、辞めたい・・・この役辞めたい・・・・ 囲む側も集まったんだか集まってないんだかはっきりしない。 そんなイライラ感を若干にじませながら、 「ちょっと、向こう来て貰っていいスか?」と言う、何のひねりもない言葉で当人を連れ出す事に成功。 途中の道のりがバカみたいに人が群がるところだったので、変に会話が無くても不自然じゃなくてよかった。 そして、上手く行ったんだか、よくわからない着地で、なんとなくサプラーイズ。 でも、企画に賛同してたキョーちゃんが輪の中に居ない事に誰も気づいていないのもサプライズ。 うん。まぁ、なんか・・・ちゃんと全体像から細かい所まで企画出来る人が企画してくれ! ケニーの写真出てきたから、あとはオマエ、ケニー弄りでどうにかするつもりだろ?と想像した諸兄。 甘いよ・・・俺の天邪鬼っぷりはそんなもんじゃないよ。 とりあえず、先に弄っておくべきはココかな。 ・・・・ 言いたいことわかるかな。 いや、SOGは凄いよ。 集めるのも大変なのかなって思う。 ゴンさん仕上げましたね!ってみんなに言われてた。 でもさ。 ゴンちゃんだから言うけど。 コレ、なんか・・・なんていうか・・・ これは・・・俺には恰好いいのかどうかわからないよ。 いや、なんか・・むしろ・・面白いんだよ・・・ このもどかしい気持ちをうまく文字に出来ない。 「なんか面白い物体」だと僕は思いました。 当のゴンちゃんの底なしの物欲は止まりません。 ちゃんと考えて、吟味して買えばいいのにと思うけど、 これまた個人の自由なのでこれ以上は言いませんが、 どこか「乗せられて」、なんか雰囲気で「乗っちゃう」感じの病気だと思います。 早く治ると良いですね。 取り急ぎ、薬局でボウコレンを買うといいと思います。 さて、ここからはしばらく オジサン達が意味もなく、右を向いたり、左を向いたりする写真が続きます。 ま~なんだかんだで4000枚を超えたんだか超えるんだかな写真を共有していただきまして。 […]

Continue Reading

2018-07-29_PMG_RSC

40 MIKEの事書いたから安心してたけど、本編書いてなかった。 まぁ、書くって言ってもアレなんですけど。俺です。 何よりも、随分久しぶりに潮来まで行きます。 前は良く来ていたんですけど、別に来なくなった理由が明確にあるわけでもないので不思議なものです。 今回も珍しくオジサン3人乗り合わせコンボで出撃。 ダッジ、オラノのおじいちゃん、俺です。 オラノのおじいちゃんとは趣味や趣向がバッチリ合うのですが、 おじいちゃんとの会話の内容が全く記憶に残らない、という特性があります。 断片的に残っている記憶として「マータフ」、「牡蠣が大好き」という事だけ。 後日、大量のタペストリーの画像を貼り付けてきたので 「なんでタペストリーだっけ?」と聞いたら 「あんなに車の中で盛り上がったのに!」と言われたけど タペストリーの話とか何時したんだろう? 俺が夢の中に居たか、おじいちゃんが白昼夢だったかどちらかです。 とにかくおじいちゃん大好きなんですけど、話題が記憶に残りません。 「ああ、楽しかった」というぼんやりした記憶だけ。 不思議な存在です。 ああ、行きの車の中では恒例の「マッドブラックなダッジの会社」の話になり、 最終的に「そんな昭和の遺物みたいな会社は滅びろ」という結論になった気がする。 ある程度のジジィになると、仕事の悩みか身体の不調の話に勝手に落ち着きます。 そう言う意味では、この集団は割と特殊です。 年齢の幅こそあれど、基本はオジサンに分類される生き物ですが、 このプールの中で交わされた会話は 「無駄毛の処理方法」 「どのくらいの周期で毛を剃るか」 「永久脱毛したい」 「乳首水鉄砲で撃って」 「お前、太ももの後ろ、無駄毛残ってるからな!」 「お前も残ってんじゃねぇかよ」 「ゴリ、プール入りたいんだろ」 「誰かおしっこしただろ」 「今からワニやるから」 「いや、完全にフカザワだし」 「俺もワニやりたい」 「いや、完全にエバシだし」 「だから、ワニってなんだよ」 そんな話題でしたね。 精神年齢が14歳で固定されている生き物しかいないようです。 ちなみに、この写真を見て、誰かが 「東南アジアの方の刑務所で、囚人を風呂に入れている様子」と言っていました。 ゲームは楽しかったですよ。 暑くて、Tシャツ半パンだったので撃たれたら超絶痛いけど、 午前中ミスヤン、エバヤンと対峙したゲームでギア上げすぎて 完全に熱暴走気味だったので、誰よりも早くプールに入水したくらいに存分に楽しみました。 例のクボミを警戒していたけど、新たにバリが追加されていて、ハマらずに済みました。 このテーブルのLE勢は結構ポンコツでしたね。 ゴンちゃんが持参したスポットクーラーで3回目のブレーカーを落とした時は、 流石に怒られると思ったけど、誰も怒らなかった。 そして、もう二度とスポットクーラーは持ってこないでください。 ああ、ご安心ください。 セーフティでトリガーに指をかけていますが水鉄砲です。 プール入って疲れちゃったオジサン。 流石に毎日無駄毛処理をしているとボディシェイパーが欲しくなってくる。 ### ゲーム上がりで海鮮倶楽部にも行けたけどM1号が既に不在というの事前に知ってしまい、 ちょっとテンション下がってましたけど、代わりのオバサマとナミキングが ただただエロい会話をしていて楽しかったです。 ナミキング:「すいません、お姉さん!この天丼にタレを追加したいんですけど」 オバサマ:「タレね。中に入れちゃう?」 ナミキング:「いや、僕、自分で・・・」 熟女系のデリヘルで、熟女から本番迫った感じの会話でした。 まぁそんな感じで、もう書きませんが、 良く考えたら ピースメーカーって 「平和」って意味入ってるよね。 という一日でした。

Continue Reading